【50代 手指の関節痛 原因と対策】女性ホルモンが減少する更年期が原因!親指のつけ根や関節の痛みを予防するには?

50代に多い「手指に力が入らない」お悩み。関節リウマチよりも手指の疾患を疑うべき?美容ジャーナリスト・小田ユイコさんが手指の関節痛の原因と対策を手指の疾患の専門家、四谷メディカルキューブの手外科医、牛尾茂子先生に徹底取材!症状や改善策まで詳しく伺いました。

 

お話を伺ったのは…
牛尾茂子先生

牛尾茂子先生

手外科医。形成外科医。日本手外科学会専門医。四谷メディカルキューブ 手の外科・マイクロサージャリーセンター勤務。更年期世代の女性に現れる多くの手の症状と向き合い、治療に取り組む。
取材したのは…
小田ユイコ

小田ユイコ

美容ジャーナリスト。出版社に勤務後、独立。『eclat』『MAQUIA』『LEE』などの女性誌や、WEB媒体で美容記事を執筆。「美しさは健康から」をモットーに、女性のカラダに関する取材を長年にわたり行う。1965年生まれ。

 
①【手指の関節痛の症状1】ペットボトルが開けにくい

更年期が原因の手指の疾患「母指CM関節症」

最近、ジャムなどの瓶の蓋はおろか、ペットボトルの蓋を開けるのにも難儀。「最近のペットボトルって、蓋が固すぎない?」と思ったこと、ありませんか?それは実は勘違い。ペットボトルの蓋が固くなったのではなく、開けるほうの私たちの指に異変が起きているのです!

「蓋、開かないな~」とボヤいていると、夫が「それって関節リウマチじゃない?」と。本当にそうなんでしょうか。
ペットボトルの蓋を開けようとしても、ビクともしないってことありませんか?何とか開けようと力入れると、親指のつけ根あたりに鈍痛が……。
ペットボトルの蓋を開けようとしても、ビクともしないってことありませんか? 何とか開けようと力入れると、親指のつけ根あたりに鈍痛が……。
牛尾先生、ジャムの瓶の蓋はおろか、ペットボトルを開けるのすら辛いのですが……。「ペットボトルの蓋をひねろうとすると、親指のつけ根に痛みを感じるのですよね。小田さんの年齢から考えても、それは『母指CM関節症(ぼしシーエムかんせつしょう)』です」。んんん?『母指CM関節症』? 初耳です。

「CM関節というのは、各指のつけ根の関節。親指のCM関節に炎症が起こるのが『母指CM関節症』です」(牛尾先生)なんと、そんな症状があったとは! 関節リウマチではないのですか?

「関節リウマチは、免疫疾患です。手指の関節が痛い場合、関節リウマチの可能性もありますが、更年期世代の女性の場合、まず女性ホルモンのひとつであるエストロゲンの減少による手指の疾患を考慮すべき。『母指CM関節症』も、エストロゲン減少による疾患のひとつです」。

ここが母指CM関節。今まであまり意識していなかったけれど、確かにペットボトルの蓋を開けるとき、このあたりに鈍痛が……。
ここが母指CM関節。今まであまり意識していなかったけれど、確かにペットボトルの蓋を開けるとき、このあたりに鈍痛が……。
「関節には、滑膜(かつまく)という膜があり、その名の通り、関節の動きをスムーズにする潤滑油のような役割をしています。その滑膜には、受容体というエストロゲンを受け止める鍵穴の役割をするものがあり、鍵であるエストロゲンが受容体に結合することで、はじめてエストロゲンの作用を発揮。関節の働きがよくなります」(牛尾先生)

「ところが、更年期でエストロゲンの分泌が減ると、鍵穴に肝心の鍵がやって来ず、いわばサビついたような状態に。関節のすべりが悪くなり、炎症を起こしてしまうのです」。そんなサビついた関節に、蓋を開ける仕事をさせたら痛いのも当然ですね。それにしても、関節はたくさんあるのに、なぜ親指に症状がでるのでしょう?
「実はエストロゲン不足による手指の炎症は、親指以外の指に起こるケースも多々。ただ、親指は持つ、つまむなどの動作に必ず使い、ほかの指より酷使しているので、炎症が起こりやすいのです」(牛尾先生)。これまでは、甘やかしてはいけないと思い、開かない蓋も歯を食いしばって開けてきましたが……(笑)。

「痛いときはダメです! 炎症が進むと、関節の軟骨が摩耗。さらに進むと、関節がずれる亜脱臼状態に陥り、関節部分が変形してゴツゴツとした見た目に。痛みも強くなります。親指以外に手指の炎症が起こっている人も、不調に気づいていながら原因がわからないまま無理して悪化させてしまっている人が多いのです」。
手が痛いと、瓶の蓋を開けるのも、ちょっとしたストレス……。夫が瓶の蓋をきつく締めがちで、よく「馬鹿ヂカラで締めないで!」とケンカに(笑)
手が痛いと、瓶の蓋を開けるのも、ちょっとしたストレス……。夫が瓶の蓋をきつく締めがちで、よく「馬鹿ヂカラで締めないで!」とケンカに(笑)

 
②【手指の関節痛の症状2】以前よりパソコンのタイプミスが増えた

第一関節の痛みは「ヘバーデン結節」、第二関節の痛みは「ブシャール結節」の可能性が

以前よりパソコンのタイプミスが多くなってない?50代に多い手指の疾患を知ろう
以前より、パソコンのキーボードを打つのがおっくうに感じられるのは、指がよく動かなかったり、タイプミスが多くてイライラしてしまうから。それは指の関節の痛みや、曲がって変形したのが原因かも。
牛尾先生、私のアラフィーの友人からは、手指に関するボヤキがたくさん聞こえてきます。たとえば、以前より指が動きづらく、パソコンのキーボードでミスタッチを繰り返してしまい、イライラするとか。「それは、指の第一関節に炎症が起こる『へバーデン結節(けっせつ)』の可能性があります。キーボードを打つには指先の第一関節の動きが重要ですが、ここに炎症があると腫れたり、痛かったり、動きが悪くなったりします」(牛尾先生)。

「指の第二関節が腫れて痛い場合は、『ブシャール結節(けっせつ)』の可能性大。こちらの場合、指をしっかり握れなくなるので、日常生活動作にさまざまな支障がでます」。

そんな疾患があったなんて! ヘバーデン結節やブシャール結節の原因はなんなのでしょうか。「小田さんの親指が痛くなった『母指CM関節症』と同じく、更年期によるエストロゲンの減少が大きな影響を及ぼしているのです。前回お話した滑膜(かつまく)は腱鞘にも存在し、エストロゲンがやってこなくなることで炎症を起こしやすくなるのです。また、手指の酷使で起こった指のつけ根の腱鞘炎を放置したことも、原因のひとつとして考えられますね」。
 
へバーデン結節やブシャール結節を放っておくとどうなりますか?「関節が曲がることがあります。パソコンのタイプミスが増えたのには、関節が曲がったことにより指先の方向が変わり、想定外のキーを打ってしまっている可能性もあります」。
50代に多い手指の疾患を知ろう
意外と重みがあり、片手で持ったまま長時間の操作することで、手指に負担をかけるスマホ。親指でスクロールを繰り返すことで「ばね指」になる人も。ガラケーからスマホに変わった当時、慣れない動作で「ばね指」患者が急増したという。
ほかに手指が動かしにくくなる症状はありますか。「はい、いくつかあります。一つは『ドケルバン病(狭窄性腱鞘炎)』。手首の親指側に腫れと痛みが生じ、親指をのばしづらくなります。スポーツなどで親指をよく使う人に起こり、親指側の腱鞘が炎症を起こし、腱の動きがスムーズではなくなってしまうのです」。

「また、親指、中指、薬指の第2関節に多く見られる『ばね指(弾発指)』という病気もあります。手がこわばり、第2関節が曲がったまま伸びなくなる、第2関節が痛いといった症状がでます。指のつけ根の腱鞘に炎症が起こり、曲げ伸ばしが辛くなるのです」。
アラフィー世代の手指の症状の原因を知って正しいケアを
どの指の、どの関節が痛くてもペンを持って文字を書くのが辛くなってしまう……。
ペンで文字を書くのが辛い、お箸をうまく使えなくなった、あんなに好きだった手芸が苦手に、といったアラフィーのボヤキは、これらの指の病気が根底にある可能性大ですね。正直、まったくわかっていませんでしたし、アラフィーの友人たちも知らない様子。「不調が気になって整形外科などを訪れても、これらの初期症状はレントゲン写真には写りません。医師から年齢のせい、使い過ぎ、治らない、と言われるケースも少なくないようです。しかし、原因を知って正しくケアすれば、多くの人はこれらの手の症状が改善。重症化を防ぐことができるのです」。

 
③【手指の関節痛の改善方法1】便利な道具やまわりの人に頼る

ペットボトルの蓋を開けられない、キーボードのタイプミスが増えた……などアラフィーに起こりやすい現象は、力が衰えたわけでも、不器用になったわけでもなく、手指の関節や腱鞘などの炎症からくるもの。どうすれば炎症が緩和し、手の作業が快適になるのでしょうか。
ペットボトルや瓶の蓋を開けづらいのは『母指CM関節症』だったから、ということが判明したアラフィー美容ジャーナリストの小田。痛いのを無理して開けようとするのはNGとのことでしたが、どうすればよいのでしょう。「まずは道具を頼るクセをつけましょう。ペットボトルや瓶は、簡単に開けることができる道具が100円ショップなどでも販売されていますよね。これを利用しない手はありません」(牛尾先生)。

「または、ご家族などまわりにいる人をどんどん頼って。アラフィー女性は、なんでも自分で解決しようと頑張ってしまう傾向にありますが、手指の場合、それが症状悪化の引き金に。痛みが増し、今は見た目がなんともなくとも、将来、関節部分がゴツゴツと変形してしまう可能性があります」。

ペットボトルの蓋が開けられないなんて、なんだかちょっと恥ずかしいし、人を頼るほどでもないと思っていましたが、強がっていてはいけませんね。
キャップオープナーがあれば、ペットボトルの蓋はいとも簡単にオープン!
キャップオープナーがあれば、ペットボトルの蓋はいとも簡単にオープン! 『母指CM関節症』の人の必需品。
正常な母指CM関節。
正常な母指CM関節。
母指CM関節がずれている。
母指CM関節がずれている。
『母指CM関節症』が進んだ状態。ゴツゴツとした見た目に。
『母指CM関節症』が進んだ状態。ゴツゴツとした見た目に。
パソコンのキーボードでキータッチをミスをしてしまう人はどうしたらよいですか。「まずは5本の指の第一関節や第二関節の炎症、そしてその引き金になっている指のつけ根の腱鞘炎を抑えるケアを始めましょう。キーボードの前にはアームレストが必須です。アームレストがあることで手首、手指に余計な力が入らず、炎症を軽減してくれます」(牛尾先生)。

「キーボードのキーの硬さはほどよいものを。硬すぎると指に余計な負担がかかってしまいます。硬いキーを『カタカタカタ、パコーン』と音がなるほど力強くたたいている人がいますが、あれは手指に負担。軽く触れるだけでタッチできるキーボードが理想的です」。

「これは手指に不調がある人全般に言えることですが、朝起きぬけに、手指を温めて『使う準備』をしてあげてください。スポーツをする前に準備運動しなければケガをしやすくなるように、手もいきなりハードな作業をさせれば不具合が起こっても当然です。ぬるま湯に手をつけ、マッサージしてもいいでしょう。マッサージといってもグイグイもむのではなく、手指を優しくさすってあげて。これだけで血流がよくなり、動かしやすくなります」。

「そして作業などが終了した夜、不調を感じる部分は湿布やアイスパックを当てるなどして、冷やしてあげましょう。不調を感じるときは、手指の関節や腱、腱鞘に炎症が起こっています。冷やすことで炎症による熱を取ってあげるのです。こうした毎日のこまめなケアが、これからもずっと長く、快適に手指を使っていく第一歩です」。

確かに、毎日こんなに手指を酷使しているのに、ウォーミングアップもクールダウンもしないなんて、不調が起こっても当然ですね!
アームレストがあるだけで、手指から力が抜けて楽に。関節や腱鞘の炎症を予防できる。
アームレストがあるだけで、手指から力が抜けて楽に。関節や腱鞘の炎症を予防できる。
夜、酷使した手指の部分に湿布を貼り、クールダウン。
朝、作業を始める前にぬるま湯で手を温めながら、やさしくさする。
朝、作業を始める前にぬるま湯で手を温めながら、やさしくさする。
スマホの操作も、手指に負担をかけるのでしたね。どうしたらいいですか?「ガラケーの時代と違い、スマホはかなり重みがあり、そもそも手首、手指に負担。メッセージを打ったり、検索でスクロールするときは、テーブルなどに置いて操作するのがおすすめです。重みの負担が減るだけで、手指がとても楽になります」。

「また、これまでメッセージ入力もスクロールも親指で行っていた人は、ほかの指もぜひ使って、親指の負担を軽減しましょう。ばね指の予防にもなります」。
日常の手の動作を意識するだけで、手指の負担が減り、アラフィー世代が患いやすい『母指CM関節症』『ヘパーデン結節』『ブシャール結節』『ドケルバン病(狭窄性腱鞘炎)』『ばね指(弾発指)』の症状を緩和することができるのですね。

ほかに、これらの症状を改善する方法はありますか? また、炎症が進み関節に腫れや痛みが増したり、関節が曲がってしまった場合、治療法はありますか?「はい、あります。これらの手指の症状の根本には、更年期によるエストロゲンの減少があります。エストロゲンの減少をケアする方法や症状が進んでしまったときの治療法もあります」。

 
④【手指の関節痛の改善方法2】エクオールサプリメントで根本原因をケア

「40代以降の女性で『母指CM関節症』『ヘバーデン結節』『ブシャール結節』『ドケルバン病(狭窄性腱鞘炎)』『ばね指(弾発指)』の症状が出ていらっしゃるかたには、サプリメントでエクオールを摂取することをおすすめしています」(牛尾先生)。

エクオールとは、女性ホルモンのひとつであるエストロゲンをサポートする成分ですね。「はい。40歳くらいから徐々に減少し、更年期になると分泌がかなり減ってしまうエストロゲン。第1回目にもお話しましたように、大人の女性を襲う多くの手の症状が、エストロゲンの分泌が少なくなることで起こります。ですので、エストロゲンをサポートすることで、手の症状が改善することが多いのです」。
どうしてエクオールを飲むと女性ホルモンをサポートできるのですか?「大豆イソフラボンを発酵させることでできるエクオールは、女性ホルモンのエストロゲンと化学式が似ており、エストロゲン様の働きをします」(牛尾先生)。

「エクオールはエストロゲンの鍵穴にはまってはじめて、エストロゲン様の働きをします。私たちの体には、その鍵穴である受容体が2種類ありますが、エクオールがはまるのはエストロゲン受容体βです」。

「関節には滑膜(かつまく)という関節の動きをなめらかにする膜があり、女性ホルモンのエストロゲンを受け止める鍵穴があること、エストロゲンによってその働きがよくなることを第1回目にお話しました。その滑膜の鍵穴はエストロゲン受容体βで、エクオールを受け止めることができるのです」。

なるほど~! それで滑膜の潤滑油のような働きが復活し、手指の関節がなめらかに動くようになるのですね!
大豆製品を食べることやサプリメントで摂取できる「エクオール」が、更年期世代の手指の不調を改善するカギ。
大豆製品を食べることやサプリメントで摂取できる「エクオール」が、更年期世代の手指の不調を改善するカギ。
では、イソフラボンを含む豆腐や納豆、豆乳などの大豆製品を普段の食事で積極的に摂ることもよいのでしょうか? 「大豆製品を食べると、大豆に含まれるイソフラボンが腸内細菌の働きでエクオールに変わります。ただし、このエクオール産生菌を腸内に持っている人は、日本人の場合、二人にひとり。50%の日本人女性は自分でエクオールをつくれない、つまり大豆製品からエストロゲン様の恩恵を得られないのです」(牛尾先生)。

「腸内にエクオール産生菌を持っているかどうかは、エクオール検査キット『ソイチェック』でわかります。自宅で尿を取って郵送するだけで手軽に調べることができます」。

私、『ソイチェック』で調べたことがあるのですが、エクオールを自分で作れない人でした。「エクオールを体内で作れないと、さまざまな更年期症状が出やすくなる傾向にあります。手指の症状もそのひとつ。エクオールのサプリメントは、この10年でエビデンスも取れ、飲み続けても弊害のないサプリメントであることがわかってきました。今更年期を迎えた人は、エクオールという助け舟があって、本当に幸運です。飲まない理由はありません」。

「エクオールを作れる人であっても、必ずしも大豆製品が得意な人ばかりではありませんし、その日の体調や腸内環境が乱れているとしっかりエクオールに変えられないことも。エクオールのサプリメントはおすすめです」。
豆腐、豆乳、納豆などを食べても、日本人のふたりにひとりは体内でエクオールを作り出せない。
豆腐、豆乳、納豆などを食べても、日本人のふたりにひとりは体内でエクオールを作り出せない。
「エクオールのサプリメントは、40代になったら早めに飲むことをおすすめします。実は私も46歳で、すでに飲み始めているんですよ。手指の症状をケアするだけでなく美肌効果や整腸作用もありますし、骨粗しょう症の予防にも。抜け毛や細り毛、太りやすさ、気持ちの不安定など、更年期に起こりやすい不調を予防、軽減できます」(牛尾先生)。

「初期のうちや軽い手指の不調はエクオールでケアできるのですが、放置して症状が慢性化、悪化してしまうと、軽減しにくくなります。特に関節が曲がるなど変形してしまうと、もうエクオールでは対処できません。早めに始める、そして継続することが肝心です」。

エクオールのサプリメントはどのように選べばよいですか?「日本のメーカーから発売されているエクオール製品はいくつかあり、どれでなければならないということはありません。ただ、サプリメントの製法により少しずつ違いがあるようで、より手指が楽になるものには個人差があるようです。しばらくひとつのメーカーのものを続けて、あまり手指の症状がよくならないようなら、ほかのメーカーのものを試してみるのもおすすめです」。
正常な第一関節。
正常な第一関節。
人さし指の第一関節にずれが生じることで曲がる。
人さし指の第一関節にずれが生じることで曲がる。
『へバーデン結節』の炎症が進み、第一関節が曲がったケース。
『へバーデン結節』の炎症が進み、第一関節が曲がったケース。
手指の痛みや腫れの症状が重かったり、関節が曲がってしまった場合はどうすればいいのでしょう。「私たち手外科で主に行っているのは、消炎鎮痛の飲み薬や注射で様子をみる治療と、手術による治療です。手術では手指を小さく切開し、腱や腱鞘の患部にアプローチしたり、変形した関節を整えます」(牛尾先生)。

手外科という手の専門の科があることを、今回の取材で初めて知りました。「全国に手外科があります。日本手外科学会のホームページを見ていただくと、お近くの手外科専門医や手外科専門施設がわかりますので、お悩みのかたはぜひご参照ください」。

ペットボトルの蓋が開けづらい、といった不調でも相談していいのですね?「もちろんです! 年齢を重ねるにつれ増えてくる手指の悩み。手指のかかりつけ医を持っておくことをおすすめします」。

ペットボトルの蓋が開けづらい、という悩みがきかっけで、今回わかった手指の疾患。人生100年時代、仕事や趣味を充実させるためにも、日常動作を快適にするためにも、ネイルやリングなど手のおしゃれを楽しむためにも、改めて手指を大事にしたいと思った小田。最近サボり気味だったエクオールのサプリメントを、また飲み始めようと思いました。
▼その他のおすすめ記事もチェック

What's New

Feature
Ranking
Instagram