先細り、突然終了、最後の1発…閉経前の生理はこんなメカニズムで起こる!《後編》

閉経前の生理の状態は人それぞれ。粛々と先細りするタイプ、突然こなくなるタイプ、最後に思い出したようにくるタイプ…それぞれどういうメカニズムで起こるのか、産婦人科医の善方裕美先生が解説。
産婦人科医 善方裕美先生

産婦人科医 善方裕美先生

よしかた産婦人科院長。医学博士。横浜市立大学産婦人科客員准教授。更年期障害をはじめ、女性のヘルスケア全般についてのわかりやすい解説で人気。

【粛々型】(少しずつ間が空き量も減って、先細り)

粛々型

「それまでは毎月順調に生理がきていたのに、49歳になったころから間隔が2カ月、3カ月、半年と少しずつ開いていき、そのたびに経血量も少なくなっていき、気づいたら1年きていなくて閉経したんだな〜と」(50歳・主婦)

▶︎「エストロゲンが減っていくことで子宮内膜が厚くならないため、生理の間隔がだんだん開いていき、経血量も少なくなっていくという自然な閉経のパターンといえます」

【突然型】(前の月まであったのに、いきなりこなくなってそのまま終了)

突然型

「前の月まで毎月生理がきていたのに、翌月こないな〜と思っていたら、次の月もその次の月もこなくて、結局そのまま閉経」(52歳・会社員)、「あるとき生理がこなくなっていつのまにか閉経してました」(48歳・主婦)。

▶︎「卵巣がギリギリまでがんばってエストロゲンを分泌していたものの、さすがにもうできなくなってぱっと閉経を迎えるパターン。生理の乱れに振りまわされないラクなケースですね」

【最後の1発型】(1年近くこなかったのに、思い出したようにきて、終了)

最後の1発型

「48歳のとき生理がこなくなり、もう閉経かと思っていたら11カ月目くらいにいきなり生理がきてビックリ。でも2〜3日で終了。その後は生理がこず、1年たったので、あれが最後だったんだなとしみじみ」(49歳・主婦)

▶︎「2つの女性ホルモンのアンバランスによって子宮内膜がいっぺんにはがれて大量出血し、そのまま閉経したと思われます。ただ、大量出血は子宮筋腫などの場合もあるので検査を」

What's New

Feature
Ranking