テーブルと椅子を置いてテラスを“セカンドダイニング”に【テラスの作り方、過ごし方】

いつものごはんも太陽の下で食べるだけで、とびきりのごちそうに。最近はテラス家具のラインナップも豊富。せっかくならお気に入りのテーブルや椅子、小物を見つけ、コージーでもプレシャスな、一日中過ごしたくなるようなセカンドダイニングにしたい。

テラスで食事をする―― それだけで特別な時間が生まれる

テラスで食事をする―― それだけで特別な時間が生まれる
左のチェア「オルソン フォールディングラウンジチェア」(W66×D60×H78/SH41.5㎝)¥283,800/アルフレックス ジャパン(ロダ) 右のチェア「コルドバ アームチェア」(W59.5×D60×H85/SH44㎝)¥59,400(タパス)・サイドテーブル「ドロップス サイドテーブル」(φ40×H50㎝)¥89,100(トリビュ)/以上ニチエス テーブルクロスにしたスローケット「ダブルウーブンリネンスロー まだら絞り」(123×190㎝)¥61,600/リアル・スタイル青山店(スズサン) リネンナプキン 各¥2,200(リソワ)・グラス 各¥7,260(ナソン モレッティ)・プレート 各¥3,740(カサゲント)・ディナーナイフ 各¥3,190(サーブル)・ディナーフォーク 各¥2,640(サーブル)・ソルト&ペッパー入れ¥6,600(ビーホーム)・白いバスケット¥5,720(バオロジー)・サイドテーブル上のレクタングルベーカー¥6,380(オティネッティ)・ベージュのティータオル¥3,300(シャルベ エディション)/以上リビング・モティーフ 床に置いたウッドフレームのランタン¥8,800・LEDキャンドル¥6,600(ルミナラ)/以上ショップ アスプルンド 恵比寿 ルーマニアの持ち手つきバスケット¥4,950/グランピエ その他/スタイリスト私物

“ナチュラル”にひとさじの“洗練”を加えるのが大人のテラスのポイント

スフェラ ビストロテーブル

シンプルで合わせやすく経年変化も楽しめる

ベルギーを代表するアウトドアブランド、ヴィンセント シェパード社のテーブル。経年変化を楽しめるチーク材の天板を安定感のあるスチール脚が支える。置きやすいコンパクトなサイズ感で屋内外で使用可。「スフェラ ビストロテーブル」(φ80×H76㎝)¥162,800/リビング・モティーフ(ヴィンセント シェパード)

ピュア サイドテーブル トライアングル

多目的に使えるプリミティブなテーブル

持続可能な方法で伐採されたチーク材を使い、ひとつひとつ手作業でつくられるサイドテーブル。スツールとして、また植物を置く台としても活用できそう。「ピュア サイドテーブル トライアングル」(W30×D30×H40㎝)¥259,600/ゲートジャパン(ハーバーアウトドア)

ロール トロリー サイドテーブル

優雅に押して運べるあると便利なトロリー

キャスターつきで押して運べる、半屋外で使用可能なデンマークブランドのトロリーサイドテーブル。シンプルなデザインで合わせやすいのもうれしい。「ロール トロリー サイドテーブル」(φ44×H78㎝)各¥143,000/ミューズトーキョー(ケーンライン)

ダミエン サイドテーブル

料理やドリンクを運びそのままテーブルとして

テーブルトップが、持ち運び可能なトレイになるサイドテーブル。屋外仕様ではないが、料理や飲み物を運び、そのままテーブルとして使用できるから、テラスでの食事にもとても便利。室内外で大活躍しそうだ。「ダミエン サイドテーブル」(W45×D45×H45㎝)¥110,000/ミューズトーキョー(ワイヤーワークス)

▼こちらの記事もチェック!
  • 50代インテリア「センスアップ計画」Jマダムの毎日を癒しの空間にかえる

    50代インテリア「センスアップ計画」Jマダムの毎日を癒しの空間にかえる

    アラフィー女性の毎日を癒しの空間に変えるインテリアセンスアップ計画!何げない毎日に彩りを添える「花あしらいと花器」、おいしいお酒を飲みながら自宅でゆったりと過ごすための「グラスや大人のカクテルレシピ」、日常のアクセントになる、インテリアの名脇役「ルームフレグランス」をご紹介。

  • 「インテリアグリーン」をセンスよく飾る7つのアイデア

    「インテリアグリーン」をセンスよく飾る7つのアイデア

    部屋の観葉植物や花に癒され、ベランダや庭で野菜を育てるようになった人も多いのではないでしょうか。グリーンをセンスよく取り入れ、心地よく過ごしませんか。インテリアに精通するプロに、手持ちのグリーンを素敵に飾る方法を教えてもらいました。

  • 【おしゃれな家】人気クリエイターの”センスのいい”インテリア

    【おしゃれな家】人気クリエイターの”センスのいい”インテリア

    長くなった家時間を快適にするために、住まいへの関心が高まっている。活躍するクリエイターたちは、忙しいからこそ家を整え、家時間を大切にしている。そんな彼女たちにインテリアづくりや心地よさのためのルール、ヒントを教えてもらい、この春こそ好きなものに囲まれた、自分らしい心豊かな暮らしを実現しては?

What's New

Feature
Ranking