大自然に癒やされる!地球を感じる旅「隠岐アイランド」へ

太古の地球の記憶を今に伝える島根県隠岐諸島。約600万年前の火山活動によってできたこの島々は貴重な地質資源の宝庫で、ユネスコ世界ジオパークに認定されている。古くは貴人の遠流の地で、以来、誰もを温かく迎える包容力のある島々だ。

 

隠岐ISLANDってどんなところ?

まるでジュラシックパーク!

すごい、と口にするたびに心が鎮まっていく島たち
大小180余りの島々で形成される隠岐諸島(アイランド)は、大きく島前(どうぜん)(海士町、西ノ島、知夫里島(ちぶりじま))と島後(どうご)(隠岐の島町)に分かれる。なかでも西ノ島には「島前カルデラ」と呼ばれる、500万年前までの大規模な火山噴火の陥没でできた地形がある。国内有数の古さであるこのカルデラが、世にも珍しい景観と恵みをもたらしている。海抜257mの大絶壁「摩天崖(まてんがい)」、波の浸食によってできたアーチ状の奇石「通天橋」……。西ノ島の西海岸一帯には、どこか神々しさのある大岩壁や奇岩がそそり立つ。


一方で、岩崖のてっぺんを覆う草原には馬や牛が放牧され、鳥がさえずり、蝶が舞う。蒼(あお)い海では岩牡蠣が育ち、海底には海藻ホンダワラの茂る豊かな森が広がる。自然に圧倒され、しだいに自分もその一部になって……ただいるだけで心が鎮まり、本来の姿に返っていくよう。深い癒しがここにある。

知夫里島の「赤壁」

日本にこんな場所があったなんて……と圧倒される知夫里島の「赤壁(せきへき)」は、壮大なスケールの断崖。約600万年前に流れ出た溶岩が、空気に触れ酸化し、赤く変色したもの。繰り返す噴火により、黒色やクリーム色の地層も出現し、縦横混合の荒々しい縞模様に

馬や牛が草をはむのどかな風景も、隠岐アイランドの魅力

馬や牛が草をはむのどかな風景も、隠岐アイランドの魅力。やせた土壌の栄養回復のために、馬の放牧(糞尿により土壌が肥える)と農作物の栽培を、場所を区切って順番に行う「牧畑」農法が1970年ごろまで行われていた。自然とともにあるこうした営みも含めて、ユネスコ世界ジオパークに認定されている

いつまでも見つめていたい美しい地形。古事記をはじめとする日本神話の舞台でもある隠岐諸島。西ノ島の西海岸一帯は、島の原風景の名残と、国賀海岸の奇岩や植物を楽しめる快適なトレッキングコース

いつまでも見つめていたい美しい地形。古事記をはじめとする日本神話の舞台でもある隠岐諸島。西ノ島の西海岸一帯は、島の原風景の名残と、国賀海岸の奇岩や植物を楽しめる快適なトレッキングコース

エメラルドグリーンの海は水深が浅く、ハワイや沖縄と近い透明度

エメラルドグリーンの海は水深が浅く、ハワイや沖縄と近い透明度

「海中展望船あまんぼう」に乗ると、海上にそびえ立つ巨岩や、船底の窓から海藻の森を魚が泳ぐ幻想的な光景を見ることができる

「海中展望船あまんぼう」に乗ると、海上にそびえ立つ巨岩や、船底の窓から海藻の森を魚が泳ぐ幻想的な光景を見ることができる

西ノ島の国賀海岸にある「通天橋」は、波や風の浸食によってできたアーチ状の奇岩

西ノ島の国賀海岸にある「通天橋」は、波や風の浸食によってできたアーチ状の奇岩

キジや牛やタヌキと路上でしばしば遭遇

キジや牛やタヌキと路上でしばしば遭遇

日の落ちる寸前、すみれ色の空に包まれる島の美しさは圧巻。夜には空に満天の星が

日の落ちる寸前、すみれ色の空に包まれる島の美しさは圧巻。夜には空に満天の星が

展望船やフェリーで沖に出れば、島の景観を外から眺めたり、岩上で休むウミウたちの姿を楽しめる

展望船やフェリーで沖に出れば、島の景観を外から眺めたり、岩上で休むウミウたちの姿を楽しめる

西ノ島の「摩天崖」のてっぺんは、日の光も風も優しくてまるで天国。放牧されている馬も人間を恐れず、間近でのびのびと遊ぶ

西ノ島の「摩天崖」のてっぺんは、日の光も風も優しくてまるで天国。放牧されている馬も人間を恐れず、間近でのびのびと遊ぶ

隠岐への行き方 島前(海士町、西ノ島、知夫里島)と島後、主に2つのエリアからなる隠岐諸島。飛行機:羽田空港→出雲空港(約1時間30分)、出雲空港→隠岐世界ジオパーク空港(島後・約30分)、もしくは伊丹空港→隠岐世界ジオパーク空港(約1時間)。

贅沢なひととき「最新宿」

地球を感じる、海に面したホテル『Entô』

なんにもいらない。海だけ見つめて過ごす休日

中ノ島の菱浦港のそばに、素敵なホテルがある。ロビーもレストランも客室も、海に面した窓はガラス張り。どこにいても、穏やかな内海を船が行き交う、島前カルデラの風景を楽しめる。 なかでも、ベッドが海に向いている部屋は格別。目覚めると、朝焼けの海景の中に自分がいて、まるで海の上に浮かぶ雲に寝ているような幸せな浮遊感!

昨年夏に誕生したホテル『Entô』は、ユネスコ世界ジオパーク指定エリアの拠点でもある。館内のジオルームは誰でも利用できる小さな博物館。化石を間近で見たり、地球と隠岐の成り立ちを学べる場所だ。宿の周辺を歩いて地形や植物を学ぶツアーもあり、島の自然をさらに深く知ることができる。

隠岐 海に面したホテル『Entô』
『Entô』とは“遠”く離れた“島”を意味する。日常から遠く離れて、テレビのない部屋で携帯の電源も落とし、目前の海や大地とつながる時間を味わってほしい……という意図がある。それにしてもなんて贅沢な景観!
隠岐 島前カルデラの穏やかな海を、フェリーや漁船が白い波を引きながら通る風景は見飽きることがない
玄関を入ってすぐのロビーからして、このロケーション。島前カルデラの穏やかな海を、フェリーや漁船が白い波を引きながら通る風景は見飽きることがない。ロビー滞在時間も長くなること必至
隠岐 NEST(別館)は海に面する側を広くとった、横に広い客室
NEST(別館)は海に面する側を広くとった、横に広い客室。屋内外をシームレスにつなぐテラスつきの部屋も
ジオラウンジは白と天然木を基調とした、明るくモダンなしつらえ。
海を眺めながら地球の歴史に思いを馳せることができる
ジオラウンジは白と天然木を基調とした、明るくモダンなしつらえ。あちらこちらに化石がむき出しで飾られ、海を眺めながら地球の歴史に思いを馳せることができる

みやつ国の古くて新しい島のフードシーン

豊かな海の幸、山の幸。絶賛に値する島のお酒
さて、お楽しみの食事。隠岐アイランドは白イカ、岩牡蠣、アワビ、隠岐牛、海藻……海と山の幸に恵まれている。

Entô』のダイニングではほとんどの食材を島で調達。さらに料理人をはじめ若いスタッフが野菜やハーブを自家栽培し、宿のある海士町に古くから伝わる調味料「小醤油みそ」を手作りして、コース料理に奥行きをもたせる。

島々で造られるお酒も驚くほど美味。食前酒にすすめられたシングルモルトのソーダ割りは、スモーキーでありながらのどごしがよく、冷酒の「隠岐誉 江戸の純米酒90」は黄金色でシェリー酒やヴァン・ジョーヌ(仏ジュラ地方の白ワイン)を思わせる硬派できれいなお酒。新しい“島フードに魅了される。

隠岐夕食は旬の素材のコース料理。
夕食は旬の素材のコース料理。ひと品目はヒラマサのカルパッチョ。料理人がその日の選りすぐりの魚を、一番合う調理法でサーブする。新鮮な魚とおいしいお酒で始まる、旅の最高の宴
隠岐は日本で初めて、岩牡蠣の養殖に成功した場所。
隠岐は日本で初めて、岩牡蠣の養殖に成功した場所。季節にはとれたてをサッとグリルして。海士町は「CAS凍結」という最先端の冷凍技術をもち、旬のおいしさと鮮度を保つ岩牡蠣「春香」を一年中楽しめる
甘味があって軟らかい肉質の隠岐牛はグリルカウンターの目前で焼かれ、
甘味があって軟らかい肉質の隠岐牛はグリルカウンターの目前で焼かれ、すぐにテーブルに運ばれてくる
口直しのソルベも島ならではの演出で
口直しのソルベも島ならではの演出で
夕方から夜へと様相を変える海を見ながら、ゆっくりと食事を楽しめる『Entô』のレストラン
夕方から夜へと様相を変える海を見ながら、ゆっくりと食事を楽しめる『Entô』のレストラン
隠岐 海に面したホテル『Entô』

Entô
高速船やフェリーが菱浦港に近づくと、まず目に入るのがこのモダンなホテルの外観。島のランドマークとなっている。室内はもちろんホテル内のどこにいても、海がすぐ隣にあって心安らぐ。島々をめぐる贅沢なベースキャンプとして理想の宿。

DATA
菱浦港から徒歩3分。
隠岐郡海士町福井1375の1
☎08514・2・1000
問い合わせ info@ento-oki.jp
https://ento-oki.jp
NEST SU¥73,800~(広さ93㎡、テラスつき、クイーンサイズベッド2台、朝食&夕食つき、2名利用時の1名料金)
全36室 館内にジオルームあり

厳選おみやげ9選

人にさしあげたり、旅の余韻を味わったり。「しぶかわいい」を裏テーマとした、おしゃれな手ぬぐい、驛鈴、島根産竹の歯ブラシは要チェック!
放牧されている馬、海藻、隠岐牛、フェリーなど島の思い出がつまった一枚。モノクロのイラストがおしゃれ。隠岐の島手ぬぐい¥1,100/e
放牧されている馬、海藻、隠岐牛、フェリーなど島の思い出がつまった一枚。モノクロのイラストがおしゃれ。隠岐の島手ぬぐい¥1,100/e
無類の鈴コレクター本居宣長も愛した「驛鈴」。
無類の鈴コレクター本居宣長も愛した「驛鈴」。レプリカながら澄んだ音は、心を癒してくれる。床の間や玄関の飾りに。玉若酢命神社の宝物殿で購入可。驛鈴〈中〉¥2,100
持ち手は竹100%で、青皮つきなのでなめらかで持ちやすい。
持ち手は竹100%で、青皮つきなのでなめらかで持ちやすい。ブラシは植物由来のナイロン1010。Entôの客室でも使用。島根産竹の歯ブラシ¥150/e
驛鈴、国賀海岸、しげさ節など隠岐の名所風物のイラストがかわいい
驛鈴、国賀海岸、しげさ節など隠岐の名所風物のイラストがかわいい。飲んだあとはメジャーカップにもなる。隠岐誉上撰カップ 180㎖ ¥259/e
海士町産の無農薬・無肥料のもち米を使用した本みりん。
海士町産の無農薬・無肥料のもち米を使用した本みりん。コクがあり、アイスクリームにかけてもおいしい。海士の本みりん 儘 500㎖ ¥3,000/e
地元銘酒の新たな試み。米を極力磨かない古来製法で、ラベルとは裏腹にしゃれた味。
地元銘酒の新たな試み。米を極力磨かない古来製法で、ラベルとは裏腹にしゃれた味。隠岐誉 江戸の純米酒90 720㎖ ¥1,760/隠岐酒造 ☎︎08512・2・1111
あらめ、めかぶ、あかもく、おつゆわかめ…隠岐の海藻はどれも味がいい。汁物や煮物はもちろん、オイルで炒めても美味。¥470~650/e
あらめ、めかぶ、あかもく、おつゆわかめ…隠岐の海藻はどれも味がいい。汁物や煮物はもちろん、オイルで炒めても美味。¥470~650/e
小麦と大豆を原料とし、麴で熟成させた小醤油みそは海士町の郷土食。
小麦と大豆を原料とし、麴で熟成させた小醤油みそは海士町の郷土食。ごはんにのせたり、きゅうりにつけて食べたり。小醤油みそ¥702/e
後鳥羽上皇に献上したのが始まりとされる隠岐銘菓。
後鳥羽上皇に献上したのが始まりとされる隠岐銘菓。ほろっとした食感で甘さ控えめ。白浪 5個入り¥500/菱浦港1Fにあるみやげ品店『しゃん山』などで購入可。☎︎08514・2・1006
▼その他のおすすめ記事もチェック
  • 心も身体もリラックス!大人が癒される「サウナ旅」が楽しい

    心も身体もリラックス!大人が癒される「サウナ旅」が楽しい

    旅への欲求がうずく昨今。次に出かけるなら、日々に疲れた心身を癒せる場所がいい。そんな願いをもつ人におすすめしたいのが“サウナ”。サウナフリークの國本知里さんと加藤容崇医師に聞く、厳選8つのアドレスに加え、初心者が知りたいサウナのイロハを詳しく紹介。

  • この夏行きたい!おしゃれな休日旅「新しい軽井沢」2022夏

    この夏行きたい!おしゃれな休日旅「新しい軽井沢」2022夏

    目に鮮やかな新緑シーズン到来。となれば、行きたくなるのは軽井沢!ここ数年のホテルや新店の開業は目覚ましく、歴史ある避暑地にもモダンかつ軽やかな新風が吹き込んでいる。最新の宿泊情報と、現地にお住まいのかたがたがおすすめする食アドレスを参考に、おしゃれな休日旅へ!

What's New

Feature
Ranking