片づけの心得④遺品のうち残すものは1%と心得て【知っておきたい「実家の片づけ」の新真実】

遺品整理事業のプロである内藤 久さんが「実家の片づけ」の心得を解説。親が亡くなったあとに膨大な遺品を整理するコツは、残しておきたい1%を先に見つけることだという。
教えてくれた人
「遺品整理の埼玉中央」代表 内藤 久さん

「遺品整理の埼玉中央」代表 内藤 久さん

父の遺品整理を経験したことでホテルマンより転身し、’05年にさいたま市で東日本では最も早く遺品整理事業を開始。生前整理も含め、作業累計1950件以上。『図解 親の財産を見つけて実家をたたむ方法』(ビジネス社)ほか著書多数。

https://ihinshori.com/

【Case4】親が亡くなり遺品が膨大

実家のモノの中で残すのは1%だけ。残すものを見極めよう

99%は捨てる
親の死後、遺品の整理で時間と体力を使い果たし、クタクタになったという話をよく聞く。

「自分の家であれば、捨てるといっても20~30%処分する程度ですみます。それが、両親ともに亡くなった実家の片づけとなると、最終的に家をカラにしなければならず、持ち帰れるモノはせいぜい1%。処分するべきものが99%もあり、その圧倒的な量のモノをひとつずつチェックしようとするから、心が折れてしまうのです」(内藤さん)。

大事なのは残しておきたい1%を先に見つけること。片づけの時間をギュッと短縮できるし、あとは一気に処分できるので気持ちの整理もつきやすくなる。
  • どう受け止める?いつか必ずくる”親との別れ”人それぞれの別れ方

    どう受け止める?いつか必ずくる”親との別れ”人それぞれの別れ方

    アラフィー世代にとって、「親の死」は決して遠いものではない。"その時"を、冷静に、穏やかな気持ちで迎えられるかと聞かれると、答えに窮する人も多いのでは?避けることができない親との別れ、それをどう受け止めればいいのか。親を見送った人の体験談や看取りの専門家のアドバイスをもとに、一緒に考えてみませんか。

What's New

Feature
Ranking
Instagram