意外と簡単に作れる!冨永愛さんのお気に入りレシピ「ビーツとミートボールの煮込み」【大人のプレミアム鍋】

2013年から始まり、今回で10年目を迎えた、通称「エクラの鍋BOOK」。料理家や人気店、食通のかたがたに教えていただく、オリジナル鍋はバリエーションに富み、日々の食事を豊かにしてくれた。その中から今回はモデル・冨永愛さんおすすめの逸品をご紹介。
冨永 愛さん(モデル)

冨永 愛さん(モデル)

10代のころより、トップモデルとして活躍。美意識の高いライフスタイルも共感を集めている。新刊『冨永愛 美をつくる食事』(ダイヤモンド社)には34のスペシャルレシピも掲載。

撮影/邑口京一郎

一見手間がかかりそうなのに意外と簡単なのもポイント!

ビーツを煮込んだレシピがなにかないかなあと探していて、おいしいレシピにたどりつきました。最初はレシピどおりのお肉で作り、アレンジで鹿肉で作ってみたら大成功! それからはすっかり私の定番に。よけいな調味料を使っていないところも好みです。

ビーツとミートボールの煮込み

ビーツとミートボールの煮込み

最近手に入りやすくなった生のビーツは、鮮やかな赤とかすかに土の香りも。小さく切ってミートボールと煮込んで。

材料(3~4人分)

ビーツ……1個(300g)

牛ひき肉……400g

玉ねぎ……1個

[A]

  パン粉、白ワイン……各大さじ3

  溶き卵……1個分

  塩……小さじ1/4

にんにく(みじん切り)……1片分

白ワイン……80ml

……300ml

……小さじ2/3

こしょう……適量

オリーブオイル……大さじ1

サワークリーム……適量

イタリアンパセリ(粗みじん切り)……大さじ1

作り方

1.Aのパン粉は白ワインでしめらせておく。ビーツは皮を厚めにむき、2㎝角に切る。玉ねぎはみじん切りにする。

2.ボウルにひき肉、A、玉ねぎの半量を入れてよく練り混ぜ、6~8等分に丸めて平らにする。

3.鍋を中火で熱してオリーブオイル大さじ1/2を入れ、2を入れて両面返しながら焼き目をつけ、いったん取り出す。

4.同じ鍋ににんにくとオリーブオイル大さじ1/2を入れて中火にかけ、香りがたったらビーツと残りの玉ねぎを加えて透き通るまで炒める。白ワイン、水を加えてひと煮立ちさせ、アクをとって弱火にし、ふたをして約20分煮る。

5.3を戻し入れてさらに10分煮て、塩、こしょうをふる。器に盛ってサワークリームをのせ、イタリアンパセリ、好みで粗びき黒こしょう(材料外)をふる。

◎おしゃれ野菜はこう使う!

「ビーツの皮の下は硬いので、皮は厚めにむくのがコツ。見た目より硬いので、ゆでずにじか煮する場合は小さめに切るのがおすすめ」

「ビーツの皮の下は硬いので、皮は厚めにむくのがコツ。見た目より硬いので、ゆでずにじか煮する場合は小さめに切るのがおすすめ」

What's New

Feature
Ranking