美味しいもの好きは今、岡山に! 瀬戸内海に面した山海の幸の宝庫、岡山の食の五選

山海の幸はもちろん、農作物も豊富にして上質。そんな岡山を訪れる人が今、増えている。お目当ては料理、そしてその先にあるつくり手や美しい自然……。東京から新幹線で3時間あまり、関西からなら1時間。目ざす価値のある「岡山の食」をeclat 3月号でご紹介。

1.Ristorante CIELO

大地に根づく骨太イタリアン

【ジビエ、野菜、ハーブ……。自分たちでとり、育て、作る】
「自然の中で料理を作るのが夢だった」というシェフの坂東友也さんは大阪出身。関西屈指のイタリア料理店『ポンテベッキオ』やその系列店などで研鑽を積み、12年前に奥さまの右子さんの実家がある津山に移住、店を始めた。「熱心な生産者が多く、食材は鮮度がよく、味の濃いものばかり。地元の人たちと知り合いになるうちに、いろいろな知識と経験を得、ネットワークもできました。今は野菜やハーブは自分たちの畑でも作っていて、それを収穫して料理にしています。春は山菜、夏は鮎、秋はきのこ、冬はジビエ、と季節ごとに特徴ある食材が手に入るのもここならでは」と坂東さん。
以前は同市内の船宿だった建物を改装して営業していたが、猟師の資格をとって、’11年、狩猟区でもある自然豊かな今の地に移転。料理と狩猟は坂東さん、畑の世話とサービスは右子さんが担当し、地産地消のもてなしがされる。2月いっぱいは自身が仕留めたキジバトなどのジビエを食べごろの野菜やフルーツとともに供し、津山の風土に根づく美味を存分に楽しませてくれる。
美味しいもの好きは今、岡山に! 瀬戸内海に面した山海の幸の宝庫、岡山の食の五選_1_1
のどかな田園風景が一望でき、晴れた日は鳥取県との県境に位置する那岐(なぎ)山麓まで見渡せる。1〜2月は雪景色になることも。

素材の滋味が感じられる料理。ジビエと野菜を味わってもらいたい

美味しいもの好きは今、岡山に! 瀬戸内海に面した山海の幸の宝庫、岡山の食の五選_1_2
新見市でワインを作っている『コルトラーダ』の二条大麦のビアンコマンジャーレと『小島梨園』の梨のマリネ、つやま生姜とハチミツのジェラートの盛り合わせ¥700。
美味しいもの好きは今、岡山に! 瀬戸内海に面した山海の幸の宝庫、岡山の食の五選_1_3
シェフが仕留めたキジバトのロースト・サルーミソース・もち麦のリゾット添え¥3,200。写真の料理は¥5,400のランチでもいただける。
岡山県津山市高野山西2230の3 ☎0868・26・1600 11:30~14:00(LO)、18:00~21:00(LO) ㊡月曜 要予約 昼はコース¥1,510~、夜はコース¥3,780~(ともに税込)

What's New新着記事

FEATURE
ランキング