コロナ禍で夫婦関係に変化はありましたか?【「アラフィーの夫婦」白書2021】

今どきのアラフィー夫婦について、エクラ世代の女性317人を対象に行ったアンケート調査の結果を大発表! 今回は、このコロナ禍で変化した夫婦関係について。「変わらない」・「よくなった」・「悪くなった」それぞれのコメントも必見。

Q27.このコロナ禍で夫婦関係に変化はありましたか?

変わらない:82%、よくなった:12%、悪くなった:5%、その他:1%
変わらない:82%、よくなった:12%、悪くなった:5%、その他:1%

【変わらない】
夫がテレワークする日は庭の手入れをするとか、距離を保つようにしたので。(主婦・48歳)
いてもいなくても気にしない。(会社員・47歳)


【よくなった】
感染拡大が始まったころ、マスクやアルコールを夫が早い段階でネット注文していたり、ニュースを聞いて「次は××の在庫がなくなりそうだから、早めに手配しよう」と的確な指示を出してくれた。頼もしいな~と思ったし、夫婦の共同作業が増えて連帯感が強まった。(自由業・54歳)


【悪くなった】
些細なケンカが増え、夫の悪いところばかり目につくようになった。(主婦・46歳)
◆お互いのあら探しが始まった。(主婦・55歳)

新語「コロナ離婚」が生まれるなど、世間ではコロナ禍がきっかけで夫婦仲が悪化する印象があるが、8割は「変化なし」と回答。なかには「夫婦関係は変わらないけど、食費や光熱費の大変動(急騰)で大変!」(主婦・45歳)の声も。

次回は、夫婦の性事情ついて調査!

What's New

Feature
Ranking