【東京ではないところに住む】軽井沢に完全移住した「カオス」デザイナー櫛部美佐子さん

昨年からのコロナ禍で、東京を離れ地方へ移住する動きに大注目。移住の理由は? 移住先はどう決めた? 住み心地は? 寂しくない? 気になることはたくさん。昨年の7月から軽井沢に完全移住したというカオスディレクター・櫛部美佐子さんに、移住の経緯、今の気持ちをインタビュー。

CASE.1 完全移住

「カオス」デザイナー 櫛部美佐子さん

「カオス」デザイナー 櫛部美佐子さん

くしべ みさこ●’18年、「大人のための上質な日常着」をコンセプトに「カオス」を立ち上げる。現在はフリーでデザイン、ディレクションの仕事を兼任。昨年、数年越しの移住計画をついに実現し、今は仕事のペースも新たに再スタートをきっている。

櫛部さんの移住スケジュール

’18年ごろ 移住を意識しはじめる
’19年夏 リサーチ開始
’20年6月 軽井沢の物件に出会う
’20年8月 東京の家を引き払い、移住

 

毎日この空気が吸える。それだけでもすごいこと

軽井沢に完全移住した櫛部美佐子さん
移住先に選んだのは東京からのアクセスがよく、ほどよい都会感もある軽井沢。空気と水のおいしさ、自然の色の美しさに驚かされる日々。週に1~2回東京に通いながら、ゆったりとした暮らしを満喫。

物理的な距離をとることで冷静に仕事と向き合えるように

昨年の春から軽井沢の物件を探しはじめ、7月には現在住んでいる賃貸の家を契約。こうと決めたら櫛部さんの行動はすばやい。

「たまたまコロナのタイミングと重なりましたが、3〜4年前くらいからふつふつと、少し田舎に住んでゆっくり生活したいと思っていたんです。仕事は東京なので、新幹線で1時間とアクセスがよくて自然もある、適度にお店もあって寂しくない軽井沢がいいなと思って。仕事の兼ね合いなどいろいろなタイミングが合い、去年の春から移住計画が一気に加速しました」

薪ストーブ用の薪は自分で庭木を切って調達
庭木を切って自分で薪ストーブ用の薪を。来年の秋冬まで乾燥させて使う。

最初はネットの物件情報をチェックする日々。ある日、「これだ!」と思う賃貸の家を見つけ、現地の不動産会社にすぐに電話をした。

「決め手は十分な広さと価格。これはもう絶対早くしないとって、朝ネットに上がっていたのを14時くらいに見つけ、すぐに電話をしたら、すでに4件予約が入っていました。翌日に現地へ見にいき、次の日にサインをして帰ってきたんです」。仕事のペースなど、様子を見るためにいきなり購入するのではなく賃貸を探していたけれど、通年借りられる物件は極端に少ない。「本当にラッキーだった」と櫛部さん。

賃貸でも最大限に模様替えを
仕事部屋はもともと和室。カーペットを敷き、照明を替え、押入れを本棚に改良するなど、賃貸でも最大限に模様替え。

「でも長く人が住んでいなかったのでデッキはボロボロ、水は漏れてガスは出ない。最初は大変でした。ひとつずつ対処して3〜4カ月かけてやっと落ち着いてきました」。大変な思いをしながらも、9月に住みはじめ最初に感動したのが「空気がおいしい」こと。

「すっごくおいしい、と思いました。毎日この空気を吸うってすごいなって。水もおいしい。東京では水は買っていたけれど今は水道水を飲んでます。近くには川があり、自然の色ってきれいだなとか、薪ストーブってまあるくあったかいんだな、とか発見がいろいろ」

車の運転を始め、犬も飼いはじめた。

「犬は東京の家では飼えなかったのでやっと実現しました。朝早くから起こされるから、生活スタイルもこれまでの完全夜型から、朝型に。家にいる時間も圧倒的に長くなりましたね。買い物や外食に出る回数も減ったし、そのせいか精神的にゆったりしていると思います」

物件の決め手にもなった広広としたリビング
物件の決め手にもなった広広としたリビング。吹き抜けの開放的な大空間がお気に入り。

仕事の打ち合わせなどで東京へ行くのは週に1〜2回。最初から完全移住を目ざし、東京の家を残す考えはなかったそう。

「二拠点だと、“東京に帰らなきゃ”っていう気分になるでしょう? ちゃんとゆっくりしたかったので。それでも初めは週に3回くらい東京に行っちゃってました。さすがにしんどかった。今は、“まあいっか”と思えるようになりました。そこは任せていいかな、と割り切れるようになり、いろいろ手放すことができている気がします。きっと都内でリモートしているのとは違う、物理的な距離をとることで冷静になれたのかもしれませんね。東京にいるときは、もっともっとという気持ちがありました。今はちょこちょこと時間をかけていたことを減らしていこうかなと。そうして効率をよくすることでデザインにかけられる時間も変わってきて、より研ぎすますことができるんじゃないかと」。

念願だった動物との暮らし
保護犬だった甲斐犬のミックスを飼いはじめた。保護猫と、居着いた野良猫も同居中。念願だった動物との暮らしでライフスタイルは自然と朝型へ。

これだけ気に入っている移住生活。でも櫛部さんはこの場所に執着していない。

「もともと転勤族だったせいかもしれません。そこにずっと住むという考えがあまりなく、今は軽井沢だけれど、いつかほかの場所に行くかも、という感じ。物件を見るのが好きだから、いい条件だったら軽井沢で家を購入するかもしれないけれど、それでも永住という考えはあまりないですね」

長年住み慣れた東京と距離をおき、寂しく思うことは?

「まったくないです。今はZoomもLINEもあるし、いざとなったら1時間で友人に会えますし。たまには外でごはんも食べられて、それができるのも軽井沢のいいところです」

  • 【憧れの住まい】おしゃれで心地いい「クリエイターの家」

    家で過ごす時間が多くなった今、住環境への関心が高まっている。アラフィー世代の女性たちは一体どんな暮らしをしているのか。人気ファッションディレクター&デザイナーの素敵なセンスは暮らしの空間にも。おしゃれな4人のクリエイターたちの自宅拝見。大人だからこそ実現できる、こだわりがたくさんつまった憧れのインテリアがここに。毎日をごきげんに過ごすためのアイデアを参考にして。

  • 「2拠点」居住で失敗しないコツを建築家がレクチャー!

    都会と自然豊かな地方との「2拠点」をベースにした暮らしなど、昨今、1カ所にとどまらない暮らし方が増えている。でも、50歳からの土地の選び方や家の仕様、管理の仕方など、「2拠点」移住には分からないこともたくさん。そこで、失敗しないコツを建築家の鈴木宏之さんに教えていただきました。

  • 今、アラフィーに増えている「2拠点」居住最新事情!

    スローライフが謳われ、ネットやSNSの普及、働き方改革などによってリモートワークも浸透してきた昨今。増えているのが1カ所にとどまらず、2拠点をベースにした暮らし方。そこで住まい情報に詳しい「SUUMO」副編集長・笠松美香さんに、アラフィーの2拠点居住の最新事情を教えていただきました。

  • 【おしゃれな家】人気クリエイターの”センスのいい”インテリア

    長くなった家時間を快適にするために、住まいへの関心が高まっている。活躍するクリエイターたちは、忙しいからこそ家を整え、家時間を大切にしている。そんな彼女たちにインテリアづくりや心地よさのためのルール、ヒントを教えてもらい、この春こそ好きなものに囲まれた、自分らしい心豊かな暮らしを実現しては?

What's New

Feature
Ranking