12星座別 2020年までの"3年占い"【レイコローラン占い】

さぁ、オリンピックがやってくるのも、もう視界に入る未来となってきましたね! これからの2~3年間は、重要な星の動きも活発になる時期です。それを見据えながら、2018年、2019年、2020年の、ショートな予言を12星座別にお届けします。心や頭の片隅に、そっと置いておいてください・・!

乙女座

乙女座
Studio_G/Shutterstock.com

2018年

乙女座からみて「楽しみごと」を表す位置に土星が入ります。もしもここまでの流れで怠惰に過ごしてしまった部分があれば、趣味的な活動が制限される可能性があります。または、着々とがんばってきた仕事や任務があるとすれば、逆にそれが趣味と同率なほど楽しくなり、苦なく動けるような状況がやってくるでしょう。

2019年

3月7日に乙女座から見て「研究、海外」を表す位置に変革の星、天王星が入ることから、突如として海外へ居を移したくなる可能性もあります。または、今まで続けてきた趣味の研究を本格的に始める、など。この年の末に木星も再び乙女座を応援する吉角にやってくるため、「好きなこと」にもう一歩近づけるはず。

2020年

気持ちがワクワクするとは、本来こういうものだった、という"原点がえり”のようなことが起きます。乙女座は"生涯・女子高校生”のような若々しい感性を持っているのですが、その感覚が再び研ぎすまされて、まだまだ楽しい! という気持ちを再認識できそうです。この年の末には十分にチャージしたエネルギーを、周囲への奉仕活動に移行すると運がさらに開けていきます。

What's New新着記事

FEATURE
ランキング