北イタリアとシチリアで修業した女性パティシエのイタリア郷土菓子店『Litus』

新富町の駅近くに、かわいらしいイタリア郷土菓子店が誕生した。オーナーパティシエは北イタリアとシチリアで7年ほど修業した塩月紗織さん。店頭にはカンノーリやババ、ボンボローニ(揚げドーナツ)などイタリアの地方の味が並ぶ。

『Litus』

郷土菓子は素朴で武骨。素材の味がそのまま出るので食材の品質には気を使っているとか。国産小麦粉を使用したり、無農薬フルーツをジャムにしたり。

「古くから作られてきているので、自分のオリジナリティよりもお菓子が生まれた土地の文化や歴史を大切に、本来のレシピそのままで作っています」

注文したら、カンノーリはその場でクリームを詰め、ボンボローニは揚げてくれる。夏にはカフェコーナーができる予定。エスプレッソと揚げたてドーナツをほおばるのもよし、ワインを楽しむのもいい。

上から時計回りに。「ババ」¥700、「カンノーリ」¥800、カスタードクリームをはさんだイタリア版シュークリーム「ビーニェ」¥300、シチリアのイースター菓子「カッサテッレ フリッテ」¥750 

上から時計回りに。「ババ」¥700、「カンノーリ」¥800、カスタードクリームをはさんだイタリア版シュークリーム「ビーニェ」¥300、シチリアのイースター菓子「カッサテッレ フリッテ」¥750

シチリアをイメージした店内 
シチリアをイメージした店内 

シチリアをイメージした店内 

手前から「フロッリーニ」シンプルなバタークッキー。1枚¥150。「ボンボローニ」リコッタチーズクリームとカスタードクリームを選べる揚げドーナツ。大¥530、小¥350

手前から「フロッリーニ」シンプルなバタークッキー。1枚¥150。「ボンボローニ」リコッタチーズクリームとカスタードクリームを選べる揚げドーナツ。大¥530、小¥350

店名はイタリア語で「渚」の意味
店名はイタリア語で「渚」の意味
イタリアのレストランのシェフパティシエも務めた塩月さん
イタリアのレストランのシェフパティシエも務めた塩月さん

東京都中央区新富2の9の6網代ビル1F

☎080・7974・3187 

11:00〜18:00 不定休

※店舗の営業時間等は変更が生じる場合があります。

  • 和食の名店が手がける新スタイルの甘味割烹『廚 菓子くろぎ』

    献立は、好みの菓子2種類と飲み物を選べる「廚菓子セット」と、先付けの焼き胡麻豆腐から始まりお凌ぎ、菓子2品と続く「甘味割烹」コースの2種類。目の前で作られるできたてを、コース仕立てで少しずつ。ありそうでなかった甘味割烹が話題を呼んでいる。

  • 世界の食通に愛される上海蟹の名店『蟹王府』が東京進出

    自由な旅がままならない昨今だが、極上の味を楽しみながら旅気分に浸れる絶好の店がお目見え。上海に5店舗を展開、世界中の食通を彼(か)の地へと向かわせる上海蟹料理『成隆行(セイリュウコウ)蟹王府』が、東京に初上陸したのだ。

What's New

Feature
Ranking
Instagram